★ 多摩川縁の遊歩道も、いつのまにか見事な桜吹雪に覆われ、木々の緑も一斉に萌え出るなど、自然にとって、一年で一番移り変わりの激しい季節を迎えようとしています。当センターも時代の荒波を乗り越えながら、開場37年目を迎えていますが、これからもパワー溢れる楽しい市場をめざして頑張りたいと思います。

今月は万葉集の中から桜を詠んだ歌を紹介しましょう。

春雨は、いたくな降りそ、桜花、
いまだ見なくに、散らまく惜しも

「春雨よ、はげしく降らないで。
桜の花をまだ見ていないのに、散ってしまったら惜しいことです。」
作者不明



新しいお店紹介コーナー


婦人服のキタムラ(第4通路東側)

今日は、今月10日にオープンした婦人服のキタムラの代表北村さんにお伺いしました。
どんなお店ですか?「昭和57年、スポーツ用品の卸売業を始めた時に独立、その後、婦人衣料小売りを開始し、現在に至っています。取扱い商品は婦人服全般とアクセサリーやバッグなどの服飾品、その他、メーカーや商社などの放出処分品もあります。卸売センターでは、こうした商品を中心にした「おもしろ倉庫」的な店作りを目指しています。」
驚くような価格で素敵な商品を提供したいとの北村さんのお店を是非一度覗いてみたらいかがですか。

キタムラオープン記念特別提供品
               (一部です)

※メーカー協賛品
・オーバーブラウス
    スイス綿100%
    サイズフリー
    参考販売価格7,800円
特価 2,150円

※中国輸入品
・シルクタッチ手絞りTシャツ
   サイズ のびのびサイズ
相場3,900円
ズバリ 1,550円

・シルク半袖シャツ
   シルク100%
サイズ M、L
相場4,900円
ズバリ 598円

※協賛及び在庫処分品
・びっくり箱
@ 498円均一
A 1,000円均一
Tシャツ、ブラウス等
ごちゃ混ぜ商品
 




旬の食材(水産)


● キビナゴ

房総以南から台湾、フィリピンなど熱帯海域に棲むイワシの仲間です。
外洋を大群をなして泳いでいますが、4〜8月の産卵期に沿岸に近づいたところを、地引き網などで大量に漁獲します。鹿児島地方の代表的な魚で、薩摩の郷土料理として有名になりました。近年では空輸など輸送手段の進歩で東京でも新鮮なものを味わうことが出来るようになりました。

※ キビナゴのおいしい食べ方
鮮度の良いものなら刺身で味わうに勝るものはありません。体長は10pほどで小さく、身も軟らかいので、ふつうは包丁などを用いずに手でさばきます(手開き)。ポン酢しょうゆ、しょうがじょうゆ、酢みそが合います。そのほかに唐揚げ、天ぷら、酢のもの、みそ汁の具などに利用されます。また丸干しなどの干物にもされます。もともとは安くて栄養価の高い魚でしたが、消費者の健康志向などで需要が増加したため、いまや貴重品となってしまったのが残念です。

 

旬の食材(青果)

● アスパラガス
〈高原からの味だより〉

アスパラガスは、たまねぎ、ねぎ、にんにく、にらと同じユリ科です。ヨーロッパが原産の多年生植物で冷涼なところを好みます。
本格的な収穫は苗を植えてから3年目に始まります。根に養分をしっかり蓄えた地下の株から伸びてくる若い茎を、毎年収穫していきます。
同じ株からの収穫は8〜10年ぐらい続けることができます。長野県、北海道などの冷涼な地域が主な産地ですが、最近では九州などでも雨よけ施設による栽培が盛んになってきました。

※ 「旬の食材」記事はホームページ:
東京都中央卸売市場からの抜粋です。
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/





▼ 次号は5月10日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です

東京都府中市矢崎町4の1
株式会社大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
(担当 大島)
e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/