★ 今年の冬は暖冬の予想を裏切り寒かったですね。ひどい風邪に苦しんだ方も多かったのではないでしょうか。でもだからこそ暖かい春の到来がなんとも言えずうれしいですね。



旬の食材(水産)

●トビウオ

春になると市場には伊豆七島などからトビウオが入荷しはじめます。トビウオは骨が多いためみなさんの中には敬遠される傾向が強いようですが、刺身にするなら庖丁をねかせ、なるべく薄くそぎ切りにすると、骨も気にならずおいしく食べられます。たたきも身肉を細く切ったうえ、さらに庖丁でトントンと何回もたたき、いっそう細かくすると骨を気にしないで食べられます。ここでおいしいたたきの食べ方をひとつ紹介しましょう。これは漁師風の食べ方で、前記の要領でできあがったたたきを、みそ、ねぎ、しょうが汁を加えて調味し、熱いゴハンの上にのせ、さらにお茶かみそ汁をかけて食べます。そうすると肉のうまみがしみ出してとてもおいしくいただけます。



旬の食材(青果)


●蕪(カブ)

春の七草に「すずな」とあるのがカブです。古来から親しまれていますが、現代は漬け物加工用に回される比率が高く、卸、小売価格とも変動は少ないです。生産地は関東では埼玉、関西では京都、滋賀です。周年出回っていますが、やはりおいしいのは3月〜5月です。根の色で白カブと赤カブに分けますが、いずれも根部が丸くてツヤツヤしているのが良品です。ひび割れしたり黒ずんでいるものは良くないです。 ビタミンB1、B2、C、カルシウムが豊富でジアスターゼもたっぷり含まれています 。葉もビタミンC、カロチン、カルシウムが多く、捨てずに漬け物や煮物にうまく使えます。



※ 「旬の食材」記事は株式会社日刊食料新聞発行2004市場ダイアリー
及び東京都中央卸売市場ホームページ(http://www.shijou.metro.tokyo.jp/)
より抜粋したものです。


センターぶらり探訪:介護用品編

ティー・オー・ピー(第4通路東側)

「えっ?市場の中に介護用品の店!」
今日は、今月末の店舗拡張オープンに向けて、大忙しのお店『ティー・オー・ピー』の代表田口さんに伺いました。
こちらへの出店のきっかけは?「平成5年に現在の会社を設立し、翌年6月にセンターに出店しました。当時はまだ介護用品自体の認知度が低く、どうせ知られていないなら、常識的には全くミスマッチと思われるが、集客力のある市場で勝負してみようというチャレンジ精神が出店のきっかけでした。出店当初は、病院・介護施設への卸、といっても介護用品自体の説明から始め、使用方法をご提案するというものでした。また、老人クラブや市の介護支援センターなどに営業をかけ、在宅介護用品を一つでもお届けする宅配も始めました。その後、平成9年にあきる野、平成14年には小平に支店を構え現在に至っています。」
どんなお店ですか?「平成12年から施行された介護保険制度は、日常生活の中での福祉用具への興味を引くきっかけとなったと思います。私どもは、福祉用具の利用価値を高め、安全に又、安心してご利用出来るよう商品の正しい使い方をご提案するため、在宅介護を行っている一般の方のご来店をお待ちしています。私どもは、利用者ご本人のための福祉機器と介護する人のための介護用品のいずれについても、選定から使用方法に至るまで詳しくご相談に応じることが出来るよう全社員が福祉用具専門相談員の資格を持ち、また、毎週土曜日には、勉強会を重ねています。」
お勧めの商品は?「私どもは、障害をもった方や高齢者の方が、一人でも活動出来るための自助努力を支える商品をご提案することが使命だと考えています。たとえばリハビリ・シューズ。新しく拡張した店では、外反母趾・扁平足や巻き爪などにお悩みの方に対応出来るユニバーサル・シューズを手にとって見たり、さわったりしてご購入出来るように色やデザインも最近ではとってもファッショナブルですよ。」
今後の抱負は?「私の好きな言葉に『転ばぬ先の杖』があります。誰でも、一度転べば、杖を持つようになりますが、年寄り臭いなどと言ってなかなか持つことをしません。しかし、筋力を鍛えることによって寝たきりにならないための予防となって、国も要支援、介護1といった比較的軽度の方については、予防給付という形で、寝たきりにならないための支援を行う動きが出ているのが現状です。みんなが高齢化を自らの問題ととらえ、少しでも明るく希望を持てる社会づくりに貢献出来ればと考えています。」
最後に、会社名のティー・オー・ピーって何の略ですか?「みなさんTOP(最高の)の意と思っている方がほとんどですが、tickle one pink(人を笑わせる)の意味なんですよ。」と笑顔で応えてくださいました。

営業 午前9時〜午後5時
TEL042(367)0660



■ 次号は4月9日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          (担当  大嶋)
e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/