★ゴールデン・ウィークはいかがでしたか?新緑の自然に親しんだり、話題の“愛、地球博”に出かけた方も多かったのではないでしょうか。卸売センターのある府中市は、多摩川をはじめ、郷土の森など豊かな自然が満喫できる街です。行楽の準備にも是非、ご利用ください


旬の食材(水産)

●初かつお(のぼり鰹)

 初鰹は、食卓に季節感を醸し出す美味な逸品です。江戸時代に「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」と詠まれました。新緑の5月になると伊豆・鎌倉沖で捕れ始め、初物を好んだ江戸っ子が争って買い求めたと言われます。
  鰹は南の暖海にすむ魚ですが、回遊性で春になると暖流(黒潮)にのって太平洋岸を北上し、関東近海に現れます。これを「のぼり鰹」と言います。
  また9月下旬から10月頃に水温が低下して南下するときは、「戻り鰹」と呼ばれ、こちらも脂がのって美味です。新鮮な鰹は刺身が一番ですが、タタキや煮つけ、酒盗(※)にしても美味しく、またのぼり鰹の多くは鰹節にされています。タタキのつくり方は、鰹を三枚におろし、火でいぶし焼きにして、氷水で冷やし、たっぷりの薬味と酢醤油をかけて食します。是非、旬の食感をお楽しみください。

*酒盗
    鰹の塩辛のこと。酒の肴にすると、酒を盗んででも再度食べたくなるほど美味という意味。


旬の食材(青果


●バナナ<手頃な値段で食べられるようになった高級果物>

  「手頃な値段で一年中手軽に食べられる果物」となったバナナも、かつては高級果物でした。東京都中央卸売市場には周年入荷しますが、春は4〜6月、秋は10月、例年5月が一番多く入荷します。東京市場への入荷は、フィリピン・台湾・エクアドル産で、果物の年間取扱数量の第二位を占めています。
  年間を通じて主要果物の代表と」なったバナナは、青く堅いうちに収穫され「保冷船」に乗って冬眠の状態で日本に運ばれて来ます。日本に到着したバナナは、輸入検査に合格した物だけが上陸を許され、追熟室(むろ)で3〜5日熟成されると、黄色く甘みや香りが増して、果肉も柔らかくなってから流通します。特に、台湾バナナは甘みや香りが強く、果肉もねっとりした特徴があり、例年では4〜6月に年間取扱数量の7割以上が入荷します。
  健康的な果物の一つとして好まれており、エネルギー源となる炭水化物(糖質)、栄養や成長に不可欠なビタミン・ミネラルなどが多く含まれ、成人病を予防する効果があると言われている食物繊維も多く含まれています。食べ頃は、黄色く色が全体に回り、シュガースポット(茶褐色の細かな点)が見えた時で、保管は、15℃前後の常温がいいでしょう。バナナは、生食・ジュースのほかペーストや調理などしても、お召し上がりいただけます。

※ 「旬の食材」記事は東京都中央卸売市場ホーム・ページ及び株式会社日刊食料新聞発行2005市場


センターぶらり探訪〜海苔・茶編

府中藪北園(第1通路中央)

  誰でも顔馴染みになれば、番傘の下にあつらえたミニ茶室で、熱い釜から入れたてのお茶のおもてなし・・・。今日は、そんな日本情緒豊かに彩られたお店「府中藪北園」さんに伺いました。
出店のきっかけは?「開場以来の海苔・茶専門店『藪北園』から平成3年に独立し、今日に至っています。」
どんなお店ですか?「全国一の生産量を誇る静岡産茶(藪北種)を中心としたお茶の卸・小売と業務用卸売に比重を置いた海苔の販売をおこなっています。」
お勧めの商品は?「夏も近づく※八十八夜と詠われるように、私どもの業界にとっては、今が新茶の出そろう最も華やかな時期と言えます。お茶の新芽には前年の秋からひと冬越えて蓄えられた成分があふれており、特有の若々しい香りが失われないうちに製茶されている一番茶を、ゆったりとくつろいでお飲みいただきたいと思います。また、一番茶は二番茶以降のお茶よりも、うまみのもとであるテアニンなどの成分を豊富に含んでいることが科学的にも立証されています。当店では、いつも試飲をおこなっていますので、お味を確かめた上で、お買い求めいただけます。」
今後の抱負は?「海苔・茶専門店の名に恥じない品揃えとサービス、そして『府中藪北園』を目当てに、卸売センターに来られるお客様を一人でも増やすことが今の目標です。」

営業 午前6時〜午後2時
TEL  042-364-0930

*八十八夜
     立春から数えて八十八日目でだいたい5月2日頃。春から夏に移る節目の日で縁起のいい日とされ、霜もなく安定した     気候となり、茶摘、苗代のもみまきなど一般の農作業の目安とされます。



■次号は6月11日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/