耳より情報コーナー

真っ昼間市八周年記念イベント
  平成17年10月22日(土)
  午前10時から午後2時まで 

おかげさまで、真っ昼間市も来る10月22日(土)で8周年を迎えます。当センターではいままでのご愛顧に感謝して、楽しい企画をたくさんご用意しております。秋の一日を是非、ご家族連れでお過ごし下さい。

◆スタンプラリー&お楽しみ抽選会(於:正面特設会場)
   大好評のスタンプラリー抽選会では、金券の他、多彩な景品を先着1000名様にご用意しています。

◆ゲーム・コーナー(於:正面特設会場)
◎目方でドーン。しじみすくい取りゲーム(午前10時〜先着100名様)
◎輪投げ大会(午前11時〜先着大人100名・子供60名様)
◎サッカーPK大会(午後1時〜先着60名様)
◎特売コーナー(於:正面特設会場)
    花・衣料品など特価でご奉仕します。

◆スナック・コーナー
   綿菓子・ポップコーンなど縁日の気分!

◎生マグロ解体即売会(午前11時〜  於:魚御殿)
    毎年大好評の即売会。今年のマグロはさて・・・・・。



旬の食材(青果

●かぼちゃ

アメリカ大陸原産の野菜。日本で生産されているかぼちゃは、日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃに分類されます。かぼちゃは、カロチンの含有量が多く、ビタミンAの補給源として、健康志向にマッチした野菜として消費は好調です。かぼちゃをベースにしたパンプキンパイ、パンプキンケーキは若い女性に人気があります。完熟して実がしっかりしており、大きさの割に重量があるものが良品です。果梗(茎の根元)のところに、縦に亀裂が入っているものは果肉がしまっています。皮が硬くて爪が通らないものがよいのですが、品種によっては皮が軟らかくても完熟しているものもあります。西洋種は表面がつややかで、日本かぼちゃは粉をふいているものが良品です。


旬の食材(水産)

●マハゼ

内湾や河口付近で誰にでも釣れるハゼは、一般的にはマハゼのことを指し、秋の小物釣りの代表的な魚です。ひとくちに「ハゼ」といってもその種類は非常に多く、日本近海だけで200種類以上のハゼが生息しているといわれています。有明海のムツゴロウもこの仲間です。食べ方は、天ぷらや唐揚げにするのが一般的ですが、薄づくりやあらいなどにしても美味しくいただけます。

「旬の食材」記事は東京都中央卸売市場ホームページ及び株式会社農経新聞社2000年版「野菜と果物の品目ガイド」より抜粋したものです。


センターぶらり探訪 食肉編

(株)一八商店(第1・3通路中央)

今日は、第1通路(中央)と第3通路(中央)の二店舗で営業している食肉店(株)一八商店さんに伺いました。
出店のきっかけは?「先代の社長が相模原の食肉センターに於いて個人で配送業務を行っておりましたところ、順調に業務が拡大を続けてきたことから、一層の販売促進を図るため市場への出店を決意し、昭和44年秋にこちらへ出店しました。」
どんなお店ですか?「もともとは第1通路で、もつ専門店として、居酒屋さんなどへ加工したもつを納めることが中心でしたが、現在ではもつのほか、主に茨城・栃木から直送される豚の枝肉や全農から購入するロース、もも肉を、小売店、ラーメン屋さん、ハンバーグ店や弁当屋さんなどに販売しております。」
お勧めの商品は?「豚汁や焼きそばに欠かせない豚小間と豚中肉(肩ロースのスライス)が人気商品です。また、オーストラリア産の牛ステーキ(600円)とデンマーク産の豚肩ロース(●塩カルビ●味噌カルビ●味付けなしの三種類)はお買い得だと思います。」
今後の抱負は?「とにかく、お客様においしくて安いと喜んでいただける店を続けていければそれで満足です。」

最後に一八商店(いっぱちしょうてん)という珍しい店名は先代の羽場一八男氏がご自分の名前からとったものだそうです。

営業  午前4時〜正午まで
電話 042(364)8085


■次号11月12日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/