■さて、いよいよ夏本番!夏休みの計画は立てましたか?当市場では、今月22日(土)の真っ昼間市は恒例の夏休みお楽しみ抽選会として素敵な景品をたくさん用意しておりますので、是非、ご来場下さい。

春すぎて 夏来るらし 白妙の
   衣干したり 天の香具山      (持統天皇)

天の川 いと川波は 立たねども
   さもらいかたし 近きこの瀬を    (山上憶良)

大意 天の川の波はそれほど立ってはいないけれど、いてもたってもいられないことです。近い瀬なのに


旬の食材(青果

●キュウリ

◎品種動向
インドのヒマラヤ山脈南部地域が原産の野菜。熟度が進行すると黄色くなることから「黄瓜」と呼ばれるようになった。日本のきゅうりの品種は華南系と華北系がある。また、黒イボ系と白イボ系に大別されるが、現在は、白イボ系品種が圧倒的シェアを占めている。黒イボ系品種を生産している地域は、静岡県静岡市など限られた一部の地域である。
◎生産・消費動向
卸売市場の取扱金額では年間を通じてトップの地位にあったが、最近はトマトにその座を譲り、第二位となっている。果実の表面に白い粉が出ないブルームレスキュウリが主流となっているが、食味が低下したとの指摘もある。
◎季節
本来は夏が旬。作型、産地が移動しながら周年出回っている。東京市場では、春、夏、秋は関東、東北産、冬は宮崎産が主力。
◎鮮度の見分け方
緑色が鮮やかで、表面のイボが痛いくらいとがっているものがよい。ツルに近い頭の部分がフカフカしているものはス(細かい隙間)が入っている。品質低下は、しなび、変色、果肉の軟化、部分肥大などが見られる。
◎ 栄養
水分がほとんどで、わずかにビタミンB,Cが含まれている。
独特の香りは、キュウリアルコールという成分。また、アスコルビナーゼという酵素が含まれており、この成分はビタミンCを破壊させる効力があるといわれる。サラダに使うときは注意する。この酵素は、酸性では働かないので、レモンや酢につけてから使うとよい


旬の食材(水産

● スルメイカ

イカといえばスルメイカを指すほどでイカ全体の漁獲量の8割を占めている。胴長20〜30p。表皮が黒褐色なほど鮮度が良く、時間が経つと白くなる。イカの背を指ではじくと褐色の斑点が明滅する「イカの提灯」が見られれば鮮度抜群の証拠である。かつては「干しスルメ」に作られたものが多かったが、現在は刺身に天ぷらに、また「塩辛」にと、お総菜として最もポピュラーである。脂質含量が低くカロリー価は高くないが、イカ特有の甘味を出すグリシン、アラニン、プロリンなどのアミノ酸やタンパク質含有量は豊富である。

※「旬の食材」記事は日刊食料新聞及び株式会社農経新聞社2000年版「野菜と果物の品目ガイド」より抜粋したものです


センターぶらり探訪: 包装資材編

センター金沢屋(第三通路西) 

 今日は、前を通ると店舗から溢れんばかり(?)の商品に圧倒される店「センター金沢屋」さんに伺いました。
出店のきっかけは?『元々は川崎市にあった溝の口市場内の(株)カナザワという包装資材問屋におりましたが、当センターが開場した昭和41年にお誘いを受け出店、数年後に独立し今日に至っております。』
どんなお店ですか?『私のモットーは、お客様を増やすことだけでなく、当店に立ち寄って下さる方と色々なお話をしながら、私の人となりを知ってもらい友達の輪を広げることです。おかげさまで親子代々訪ねてくれるお客様や、先輩から後輩へと継承して永くご利用いただいている学生さんなどのお得意様が大勢いらっしゃいます。』
お勧めの商品は?『軽包装資材と呼ばれるトレイ・皿・パック・コップ・袋などはどこにも負けない価格と品質で提供出来るものと自負しております。また、催事用品も充実しており、業務用だけでなく、町内会の夏祭りや学園祭のご用命にもいつでも対応出来ます。』
今後の抱負は?『当店は、今後、まだまだ需要が高まると予想される弁当・そば屋さんなどの惣菜の他、たこ焼きやハンバーガーなどのファストフード店を対象とした営業を強化したいと考えております。それと同時に、40年前の開場時の賑わいを思い出すにつけ、センター全体が、もう一度、安くて魅力的でお客様のニーズに合った品質の高い商品を揃えるという原点に立ち戻り、一人でも多くのお客様に来ていただくという姿勢を大事にすべきだと考えています。』
自らを「ひげ親父」と称して海釣りと何よりも人を愛する金沢屋さんに伺いました。

追伸 釣り仲間募集中!

電話 042(364)0669
営業 午前6時〜午後3時


■次号は8月12日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/