■去る、5月24日〜26日の三日間実施した「魚御殿オープン6周年記念スタンプラリー&お楽しみ抽選会」は、おかげ様で好評の内、無事終了いたしました。ありがとうございました。さて、いよいよ梅雨入り。うっとおしいイメージとは逆に、色鮮やかな花々の咲き競う季節でもあります。当センターのすぐ近くの府中市郷土の森では7月1日まで“あじさいまつり”が開催されています。お買い物のついでに是非、お立ち寄り下さい。
  • 天の川、浮津(うきつ)の波音、騒(さわ)くなり、我が待つ君し、舟出(ふなで)すらしも
                                    [万葉集 作者 山上憶良]

    大意 天の川に浮かぶ船着場の波音が騒がしくなったのは、あなたが舟を漕ぎ出しになったからでしょう。
    ※七夕の夜に織姫星が彦星を待っている様子を描いた歌

旬の食材(青果

レタス

○品種動向
キク科の植物で、地中海沿岸から西アジアに分布する野生種から進化した5000年以上も歴史のある野菜。現在でも多くの種類がある。野菜として流通しているレタスは、クルプスヘッド型(結球型)、バターヘッド型、非結球型、立ち型に分類される。主力はレタスの代名詞となっている結球型と、サニーレタスなどの非結球型。

○生産・消費動向
結球レタスは外食産業に欠かすことのできない野菜のひとつであるとともに、食生活の洋風化によって、一般家庭においてもサラダの素材として消費は安定している。
サニーレタスに代表される非結球レタスの消費も定着している。葉が軟らかいため、肉などを巻いて食べる料理による消費が伸びてきた。焼肉専用の葉だけを商品化したものも出回っている。

○季節
12月〜3月は香川、静岡、4月〜5月は茨城、6月〜9月は長野、岩手、10月〜11月は茨城が主力となり、周年出回っている。

○鮮度の見分け方
淡緑色で葉にツヤがあり、全体にソフト感があり、締まりのよいもの。切り口は小さいほうがよく、10円玉の大きさが目安で、押してへこむものが新鮮である。サニーレタスは葉先の色が鮮やかなものがよい。品質が低下すると、外葉の葉先のしおれ、変色、中肋部の腐敗、軟化、切り口の褐変が見られる。貯蔵中に外葉の鮮度が良好でも、1~2枚むいた中の葉に軟腐病が発生していることがしばしばあるので、貯蔵品の販売には充分に注意する。

○調理のポイント
生食が主体。サラダ、肉の付け合わせ、巻き物料理。結球レタスは炒め料理にも使える。
生食でおいしく食べるには、冷水にさらし、パリッとさせて、手でちぎってから盛り付ける。

○栄養
品種によって差はあるが、ビタミンE、カルシウム、食物繊維などを含んでいる。


「旬の食材」記事は株式会社農経新聞社2000年版「野菜と果物の品目ガイド」から抜粋したものです。


センターぶらり探訪;鮮魚編

大省商店(2通路西)

今日は、2通路西側魚御殿内の大きな鮮魚店「大省商店」の代表石川さんに伺いました。

・出店のきっかけは?「当時、築地で鮮魚と塩干物を扱う会社で働いていましたが、このセンターが開場したことを知り、昭和42年夏、縁者と協同出資で出店、10年後に完全独立を果たし、現在に至っています。」

・どんなお店ですか?「売り先の3割はスーパー等の小売店、4割は飲食業者で、残りの3割が一般のお客様です。仕入れは全て築地で、お客様の希望に添った品揃えを心がけています。」

・お勧めの商品は?「鮮魚の価格は毎日、変動しますので、当日、入荷が多いものや値下がりしたものを仕入れ、格安品として販売しています。」

・今後の抱負は?「この市場は、日頃より宣伝広告に力を入れ、販売促進に協力してくれているので、たいへん商売がし易く、感謝しています。私どもは、今のお客様を大事にして、一人でも多くの新しいお客様を連れて来て頂けるよう努力し、少なくとも現状の売り上げを維持することを最優先と考えています。」

お忙しい中、代表の石川さんに伺いました。

営業時間:午前6時〜正午
TEL:042-364-7523


■ 次号は7月14日号真っ昼間市チラシとセンターHPに掲載予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042-364-8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/