■去るる10月25日(木)〜27日(土)の3日間に亘り開催した「真っ昼間市10周年記念イベント」につきましては、盛況の内、無事終了いたしましたことをご報告するとともに、ご来場いただきましたお客様には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。今後も、当センターは進化する市場として一層の努力を重ねてゆく所存ですので、引き続き、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

秋山に、 霜降り覆い、 木の葉散り、 年は行くとも、 我れ忘れめや
                                    [万葉集  柿本 人麻呂歌集より]

大意:秋山に霜が降り覆って、木の葉が散って、年が過ぎ行きても、私はあなたのことを忘れたりはしません。


旬の食材(青果

●さつまいも

○品種動向
  メキシコ原産で、有史以前から栽培されていた。日本には、徳川吉宗の時代に蘭学者の青木昆陽が栽培に成功させ、各地に普及した。天明の飢饉には多くの命を救った。日本で生産されているさつまいもには次のような品種がある。
  [小金千貫(こがねせんがん)]主に南九州で生産されている焼酎原料用の品種。皮色は淡黄色で、皮が薄く、肉質は緻密で黄白色、ふかすとほかほか食感を持っているため、青果用としても流通している。
  [高系14号]早堀り用の品種で、九州、四国での生産量が多い。鳴門金時、土佐紅、紅ことぶきなどもこの系統。皮は鮮やかな紅色で、肉質はクリーム色で、ほどよい甘味がある。
  [紅あずま]千葉、茨城など関東地方で生産が多い。皮は濃い赤紫色、肉質は黄色で繊維が少なく、甘味が強い。裏ごししてスウィートポテト、きんとんなどにも向く。
  [紅赤]関東地方を代表する品種で「金時いも」とも呼ばれている。皮が厚く、肉質は粉質で甘味が強く、鮮やかな黄色。焼きいもにするとホクホクとした食感がある。加熱すると色が鮮やかなので、きんとんにも向く。
  [タマユタカ]茨城産特産の蒸し切り干し芋の原料。皮色は黄白色。

○季節
  周年出回っているが、最盛期は9月〜12月である。貯蔵されて水分が抜けた1月〜3月になると食味がよくなるといわれている。

○調理のポイント
  皮をむいたまま放置しておくと、黒く変色するので、皮をむいた後、しばらく水にさらしてから調理すると、色よく仕上がる。煮物の場合は、調味料を最初に加えて煮付けると味がよくしみ込む。レモンと一緒に煮込むと、皮の赤色が鮮やかに仕上がる。

○栄養
  ビタミンB1,C,食物繊維、カロチンを含んでいる。ビタミンCは加熱しても破壊されにくい特徴を持っている。カロチンは黄色肉種の方が多い。でんぷんを麦芽糖に分解する糖化酵素のβ-アミラーゼを多く含み、この酵素は加熱すると活発に働くので、一層甘みが増す。

「旬の食材」記事は株式会社農経新聞社2000年版「野菜と果物の品目ガイド」から抜粋したものです。


新しいお店紹介コーナー

つがる食販( 第1通路中央)

  去る、10月2日にオープンした「つがる食販」さんに伺いました。
  出店のきっかけは?「郷里である青森県黒石市の財政難に対し、何とか力になれないかと思っていましたが、名物である『黒石やきそば』を全国の人に食べてもらうことで町の活性化に繋がればと考え、府中周辺の物産展等に於いて試食販売を行ったところ、たいへん好評であったことから、卸売りの拠点としてセンターへの出店を決意しました。」
  どんなお店ですか?「『黒石やきそば』を中心とした津軽の食材、料理を提供するお店です。ほとんどの商品が、当店でしか手に入らないもので、農家やメーカーからの直送品のためお安く提供できるのも魅力です。今後は郷土料理も取り入れ、お店のメニューも増やして行く予定で、ご来店いただいた方には青森津軽の食文化や観光名所などについてもお話できればと思っております。」
  お勧めの商品は?「もちろん『黒石やきそば』です。一度ご賞味いただきたいと思いますし、生麺を使ってご家庭での一品として、またお店のメニューとしてご利用いただければ幸いです。つがる漬、与三郎漬、嶽きみ(とうもろこし)も大変好評です。毎週土曜日は特売品をご用意してお待ちしております。」
  今後の抱負は?「『黒石やきそば』を全国の方に召し上がっていただくために、卸・小売事業を拡大して行きたいと思います。飲食店様、屋台営業者様、大規模小売店様の惣菜として取り入れていただけるよう頑張ります。」

営業時間:午前7時〜午後2時30分
電話:042-316-6256


■ 次号は、12月8日真っ昼間市チラシ及び当HPに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042-364-8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/