■黄金週間はいかがでしたか?潮干狩り、ハイキングなど自然を満喫された方も多いと思います。当センターもすぐ近くに多摩川と郷土の森博物館など自然に囲まれた恵まれた環境の下、いつも元気に頑張っています。さて、来る5月21日(木)〜23日(土)の三日間、「魚御殿8周年記念イベント」を開催。市場ならではの魚御殿賞やおなじみの金券など、もれなく素敵な景品が当たるスタンプラリーお楽しみ抽選会等々お楽しみがいっぱいです。連休の磯釣りで『ぼうず』に泣いたお父さん!魚御殿でうっぷんを晴らしては如何?是非、ご家族連れでお越し下さい。

茜(あかね)さす 紫野行き標野(しめの)行き 野守(のもり)は見ずや 君が袖振る
                                         [万葉集 額田王]

大意: 茜色の日差しが射す 紫野、天智天皇御領地の野原で 私に向かって あなたがそんなに大きく袖を振っているのを 野守(番人)が見ているかもしれませんよ。

 

新しいお店紹介コーナー

ひなさく堂(5通路中央)

去る4月4日にオープンした大判焼とたこ焼きの店『ひなさく堂』に伺いました。
Q.出店のきっかけは?
A..現在、中野区野方にも店を構えていますが、通信販売部門が好調で手狭となり、冷凍庫などの施設が充実しているセンターへの出店を決断しました。
Q.どんなお店ですか?
A..出来立てでアツアツの大判焼を、ワンコイン(百円)で手軽に食べられて、味にも絶対満足していただける店です。
Q.お勧めの商品は?
A.一番人気の「あずき」は100%北海道産を使っています。並んで好評なのは濃厚で高級感のある「クリーム」です。
Q.今後の抱負は?
A.中野の店は6年目になりますが、センターでもこれまでの経験を活かした地域密着型の誰にでも愛される店を目指しています。
「土曜は特に混みますので、お買い物前にご注文をいただければ幸いです。」との「ひなさく堂」からのお願いでした。

TEL 042(361)5913
営業:午前9時〜午後3時

新しいお店紹介コーナー

道産屋(2通路西側)

5月8日、オープンした北海道産の鮮魚店、「道産屋」に伺いました。
Q.出店のきっかけは?
A.北海道苫小牧の本社から、東京に北海道産のうまいものを紹介する店を開店するため調査を行っていたところ、偶然にも、東京事務所のある府中市内の卸売センターで水産関連店を募集していることを知り、大きな駐車場と好立地との条件から出店を決断しました。
Q.どんなお店ですか?
A.愛する故郷である北海道で獲れる旬の味覚を、新鮮なまま提供できる、アンテナショップ的な店を目指しています。
Q.おすすめの商品は?
A.北海道はオホーツク海、太平洋、日本海の三つの海に囲まれた海産物の宝庫です。この時期はカニや活ホッケ、ホッキ貝、干物魚ではホッケ、オイランカレイ、宗八カレイがおすすめです。
Q.今後の抱負は?
A.北海道の朝市に来たような活気と雰囲気のある親しみやすいお店にし、今後は、海産物だけでなく、北海道産の旬の野菜や果物なども並べていきますので、是非、ご来店下さい。


TEL・FAX042(369)7785
営業時間  午前7時〜午後3時



■ 次回は6月13日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/