■多摩川もまさに春爛漫、初夏のような日差しが感じられる今日この頃です。新入学や就職といった人生の節目となる時期でもあります。何年振りかでふらっと立ち寄っても懐かしさと活気のあるお客様の『心のふるさと』のような市場として歩んでいきたいと考えています。
  さて、今年の黄金週間の計画はもうお済ですか?バーベキューや釣り、ハイキングやドライブ等自然と親しむいい季節です。準備の際は、何でも揃う当センターに是非、お立ちより下さい。

   ・時ならず、玉をぞ貫ける、卯の花の、五月を待たば、久しくあるべみ
                                    [万葉集 作者 不明]

大意:まだ咲かないけれど、卯(う)の花の実を糸に通して薬玉(くすだま)を作り健康を祈る習慣のある五月が待ち遠しいです。


旬の食材(青果編)

デコポン

○品種動向
  清見とポンカンの交配種。果重230g前後、樹が若い時期は、ヘタの部分が飛び出ているのが特徴で、樹勢が落ちてくると、出っ張りが小さくなる。皮が薄くてむきやすく、果汁が豊富で、ポンカンの香りがする。「デコポン」は、商品名でJA熊本果実連が所有する登録商標。品種名は「不知火(しらぬい)」。

○生産・消費動向
  都道府県別の生産量は、全体の55.1%が熊本で、次いで、愛媛が12.8%、広島が11.7%となっている。

○鮮度の見分け方
  適度な重量感があり、皮の色が鮮やかな濃い橙黄色で、張りがあり、へたの部分が飛び出ているものがよい。冷風に当たると皮のしなびが見られる。樹の若い時期は、ヘタの部分が小さくなる。

「旬の食材」記事は株_経新聞社発行「2000年版野菜と果物の品目ガイド」からの抜粋です。


新しいお店紹介コーナー(クリーニング取次)

マーキュリー逸品工房〜正面入口警備室隣

センター正面入口の警備室隣に先月2日にオープンした、クリーニング取次店「逸品工房」代表山賀さんに伺いました。

Q:出店のきっかけは?

A:市内寿町にあるクリーニング取次卸会社「東京ホールセール梶vに約40年お世話になった後、これまでの経験を生かし独立開業したいと物件を探していたところ、偶然、センターでクリーニング取次店を募集していることを知り、決断しました。

Q:どんなお店ですか?

A:クリーニング全般はもちろん、革製品(ブルゾン、コート、バッグ、靴等)、着物、毛皮、布団、高級手織り絨毯のクリーニングと修理をはじめメンテナンスの相談にも対応できるほか、ダウン等の保管、ぬいぐるみや帽子といった思い出の品をいつまでも大事にしたいお客様も気軽にご相談下さい。

Q:おすすめの商品は?

A:逸品工房ならではの加工技術として、@着物やネクタイを、シミや汚れから守る撥水(はっすい)加工A消防上必要なカーテン、のれん等への防炎加工Bカシミア、ウール製品への防虫加工Cニコチン臭や、いやな臭いを取り除く酸化チタン加工D折り目が消えないシロセット加工(形状記憶)等です。また、業務用の白衣等のランドリー(水洗い)はオゾン水を使用しますので消臭、脱臭、漂白など他店には真似のできない仕上がりと存じます。

Q:今後の抱負は?

A:『あらゆるクリーニングの専門家』をモットーに、お客様の料金に見合った価値感と満足感の両方に応えられるようなクリーニング店を目標に努力を続けていきたいと考えております。

営業時間 午前9時〜午後5時(日曜のみ休み)
電   話  042-360-7365



■ 次回は5月8日号の真っ昼間市チラシと当センターホームページに掲載する予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail/oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/