■新年明けましておめでとうございます。今年は辰年。国民一丸となって昇り竜のように天を飛翔(ひしょう)したいものですね。
  さて、来月から、第1通路東側(ワッカ・リクリエーション跡)に百円ショップの雄「ダイソー」が出店する予定です。ご期待下さい。

・正月(むつき)立つ、春の初めに、かくしつつ、相(あひ)し笑(ゑ)みてば、時じけめやも
                                     [万葉集 作者 大伴家持]

大意:新春の正月の初めに、このように皆で会い、笑い合うことが出来るのならば、いつでも会いたいものです。


旬の食材(青果編)

王林(りんご)

○品種動向
  福島県伊達郡の大槻只之助氏が育成した品種で、ゴールデンデリシャスと印度の交雑実生品種。原木の結実は昭和18年、命名は昭和27年。
  果重は250〜300g,果皮は黄緑色で地肌に粗い果点が入り、外観はあまりよくない。芳香が強く、果汁は豊富で食味は優れる。晩生種として定着している。貯蔵性はよい方で2月頃まで貯蔵できる。地力のある重い土壌に適し、軽い火山灰土壌では小玉になりやすい。

○生産・消費動向
  平成10年産の収穫量はりんごの収穫量の8.9%を占める。都道府県別収穫量は、青森が63.9%、長野が13.3%で主産地となっている。
  外観はよくないが、独特の芳香と食味をもった品種として、このところ生産・消費が伸びている。無袋栽培に適した品種で、生産者にとっては比較的生産しやすい品種である。

○鮮度の見分け方
  王林は熟すると青さが抜けて黄色になる。尻部に青みが残っているものは、未熟品で渋みがあって食味が悪い。全体に黄色が回り、サビが出たものがよい。


※『旬の食材(青果編)』は株_経新聞社発行「2000年版野菜と果物の品目ガイド」より抜粋したものです。


新しいお店紹介コーナー

Flower shop toi toi toi(第1通路東側)

去る11月1日にオープンした第1通路東側の『Flower shop toi toi toi(トイトイトイ)』に伺いました

Q.出店のきっかけは?
A.国分寺方面の花屋で7年間働いていましたが、独立したいと物件を探していたところ、高い集客力で評判の当センターとご縁があり、お世話になりました。

Q.どんなお店ですか?
A.毎日、新鮮な花をお客様に提供するのが当店のモットーですので、回転を早めるために価格面でも地域No.1を目指しております。花束・フラワーアレンジメントはもちろん、当店で実際にご覧になった花を全国に発送することも出来ます。

Q.お勧めの商品は?
A.今の季節でしたら、可愛らしい春の花〜チューリップ、スイートピーやジュリアンなど春らしい苗物がお勧めです。

Q.今後の抱負は?
A.この店を始めるにあたり、花を通じて一人でも多くの人に笑顔を届けたいという想いと、将来は更に店舗を展開できればと考えています。

 最後に『toi toi toi』の由来を聞くと、「ドイツ語で“うまくいくように”とのおまじないです。」と笑顔で教えてくれました。

営業:午前7時〜午後4時
電話:070-5082-0655




※次回は真っ昼間市チラシ2月11日号に掲載予定です。
東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail : oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/