■長く厳しい冬もようやく終わりを告げる3月〜弥生(やよい)到来。とはいっても近隣の郷土の森博物館恒例の梅まつりが低温の影響からか開花が遅れ、今月11日(日)までの予定が20日(火)まで延期されるという異常事態が発生しており、当分、薄着は禁物です。
  さて、東日本大震災から早一年。犠牲者の方々への追悼の意と被災者の皆様の一日も早い復興をお祈りいたします。当センターでは全国各地で生産された生鮮食料品をはじめとする商品の販売を一層活性化することを通して、少しでも復興のお役に立ちたいと考えております。是非、ご理解とご協力をいただければ幸いです。
  ところで、日本の若きイレブンU-23も苦戦の末、ようやくロンドン五輪への出場権獲得をほぼ手中にしました。また、先月、プロテニス世界ランキング17位に躍進した錦織 圭選手も是非、ロンドンに行ってメダルを獲得してもらいたいですね。

 ・梅の花、咲きて散りなば、桜花(さくらばな)、継ぎて咲くべく、なりにてあらずや
                                 [万葉集 作者 薬師張氏福子

]大意:梅の花が散ってしまったら、いつのまにか桜の花が咲きそうになっているではありませんか


旬の食材(青果編)

ネーブル

○品種動向
 世界の柑橘生産では70%以上を占めるスィートオレンジ類の一種。スィートオレンジ類は、ネーブル、バレンシア、果肉の赤いブラッドオレンジに大別される。ネーブルは、英語で「へそ」の意味で花落ち部分にくぼみがある。果皮は濃橙色で、果肉は橙黄色、柔軟多汁で甘酸適和、香気があり品質のよい柑橘として知られている。現在、生産されている品種はアメリカの品種であるワシントンネーブルが品種改良されたものが多い。

○生産・消費動向
 都道府県別収穫量の上位5位は@和歌山A広島B静岡C愛媛D熊本。
 中晩柑類のなかでは、食味の良い品種として知られており、生産も増加してきたが、最近は中晩柑類の品種多様化、輸入ネーブルオレンジの増加などによって生産・消費とも増加傾向にある。しかし、年末の贈答需要には、ハウス栽培のネーブルの引き合いが多くなっている。

○鮮度の見分け方
  ヘタ枯れがなく、果面がなめらかでツヤがあり、重量感のあるものがよい。鮮度が低下すると、ヘタ枯れ、褐色の斑点の発生、味ぼけが生じる。果皮が粗い大玉果ほど味ぼけしやすく、水分の消失が早い。

○栄養
  100g中、ビタミンCは60mg,、糖質は11.6g.

※『旬の食材(青果編)』は株_経新聞社発行「2000年版野菜と果物の品目ガイド」より抜粋したものです。


新しいお店紹介コーナー

そば 敏
(第1通路東側)

去る2月6日にオープンした「そば 敏」です。
この時期のお勧めは『かき揚げそば』
500円。熱々のおそばにのったまあるい小麦色のかき揚げがとっても美味しいです。



本格的なそば好きには、敏さん渾身(こんしん)の手打ちそば一日限定50食ご用意。
営業:午前7時〜午後2時


※次回は真っ昼間市チラシ4月14日号に掲載予定です。
東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
           (担当  大嶋)

e-mail : oshima@fuchu-doc.co.jp
http://www.fuchu-doc.co.jp/