■去る、6日(土)開催した歳末感謝イベントはマグロ解体ショーをはじめ、大勢のお客様が来場され、たいへんな熱気となりました。足を運ばれた皆さまには、心より御礼申し上げます。
 さていよいよ12月(旧暦:師走)。市場が最も華やぐ季節となりました。特に今年は、大分の唐揚げ専門店”華鳥(はなどり)”(12月11日オープン予定)とカレー人気店”フルバリ”(12月5日オープン)の出店が華を添えてくれます。また、来る20日には卵専門店”ジェイ・ワークス”も新たに仲間に加わる予定です。 ご期待ください。
 12月27日(土)は、混雑が予想されるため真つ昼間市はお休みとさせていただきます。
 それでは、健康に気を付けて、良いお年をお迎え下さい。

 ・この雪の、消(け)残る時に、いざ行かな、山橘(やまたちばな)の、実の照るも見む

  大意 〜早くもうっすらと山を化粧した雪が消えないうちに、日を浴びて美しく照り輝い       ている山橘の実を見に行きましょう。
                            
                            [万葉集 大伴家持(おおとものやかもち)]



新しいお店紹介コーナー その1

  華鳥(はなどり)〜第1通路中央

先日、昭和記念公園で開催された“ミートフェスティバル”でも圧倒的な人気が評判となった唐揚専門店“華鳥”さんに伺いました。(12月11日オープン予定)

Q:出店のきっかけは?

A:ここ数年、ヘルシーな鳥肉ブームと相まって、東京を中心とした催事やイベントから頻繁にお声がかかるようになり、東京に拠点となる場所を探していたところ、駐車場、倉庫など施設が充実しているセンターさんに、当初は予定していなかった販売所も兼ねて出店することを決断しました。

Q:どんなお店ですか?

A:大分県中津市の本店から出荷した唐揚げを、催事やイベントと同様、出来たての状態で販売します。

Q:お勧めの商品は?

A:“骨なし唐揚げ”“唐揚げ南蛮”と“鳥天”が人気ベスト3です。 骨なし唐揚げと鳥天は大分名物、南蛮唐揚げは下地に甘酢を使用しています。いずれも九州産鶏の美味しさを活かしながら当店独自の下地調理により、そのジューシーな味わいが好評です。

Q:今後の抱負は?

A:正直、一過性のブームかと最初は半信半疑でしたが、ますますお声がかかるようになるにつれ、地元九州産鶏のおいしさをより多くの方に知ってもらうために、日々、努力と精進に努めております。

 営業時間:8:00〜14:00

 

 


新しいお店紹介コーナー その2

  フルバリ府中DOC店〜第1通路東側

                
 去る12月5日にオープンした本場のインド料理とカレーが味わえる店、“フルバリ”さんに伺いました。
Q:出店のきっかけは?

A:故郷ネパールから来日し早9年になりますが、国立の谷保と国立駅前店を中心に今後の店舗展開を図るため、近隣の物件を探していたところ、仕入れでもお世話になっていたセンターさんの集客力と将来性から出店を決断しました。

Q:どんなお店ですか?

A:お子様から年配の方まで、喜んでいただける本場インド仕込みのカレー料理が8〜10種類、自慢のタンドリー・チキンなど全部で30種類以上のメニューがあります。

Q:お勧めの商品は?

A:ほのかに甘く、もちもち感のあるナンと上質のバターを使用しじっくり煮込んだカレーとのコラボレーションはたいへん好評です。

Q:今後の抱負は?

A:最初にお話ししたように、国立を中心に更に店舗を展開し、上質の本場インド料理を少しでも多くの方に提供できればと考えています。

 営業時間:7:00〜15:00
TEL:042−367−0170

 


※次回は真っ昼間市チラシ1月10日号に掲載予定です。
東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          
http://www.fuchu-doc.co.jp/