早くも2月。[旧暦:如月(きさらぎ)]二十四節気の立春を過ぎ、雨水(うすい)〜雪から雨に変わり、氷が解けて水になるの意〜から3月の啓蟄(けいちつ)までは気温のの変化が激しい時期となります。 体調管理には充分お気をつけ下さい。一日も早く暖かい春が訪れますように・・・。
            

・み雪降る、冬は今日のみ、鶯(うぐいす)の、鳴かむ春へは、明日にしあるらし

 大意 〜うんざりする雪の降る冬は今日で終わり、明日からは待ちに待った鶯の鳴く春が来るでしょう

[万葉集 三形王(みかたのおおきみ)]



旬の食材(青果編)

〜たらの芽


・品種動向


たらは、ウコギ科の落葉樹で、春先に出る一番芽を食用とする。山野に自生しているが、野菜として流通しているものは、栽培物である。品種としては、山梨県総合農業試験場が育成した「駒みどり」、「新駒」がある。これらの品種は、たらのなかでもトゲの少ない系統を選抜し育成したもの。トゲが少なく、促成栽培に向いている。 


・生産・消費動向


平成8年産の作付面積は279ha,収穫量は459t。都道府県別収穫量の上位5県は@広島A群馬B山形C福島D秋田。近年は、作付面積、収穫量とも増加している。
たらの芽は、山菜の王様といわれるくらいに食味の良いものとして知られている。近年は品種改良により、トゲの少ない品種が普及し、ふかし栽培という促成栽培の技術が確立したため、生産が増加してきた。ふかし栽培は温床のなかにオガクズで床を作り、これに30cm程度に切った穂木を挿入し、萌芽させて収穫する。この栽培方法では、2月頃から露地物が出始める頃まで収穫できる。露地物に比べ、若芽が小さいが、出荷時期も年々前進化の傾向にある。季節商材として消費も好調である。


・鮮度の見分け方


商品としては、トゲがピンと張っており、ずんぐりと太いものがよい。長く伸びすぎたものは硬くて商品価値が低い。


・調理のポイント


目立った栄養価はないが、ほろ苦い食味と独特の香りが特徴の山菜である。
調理方法としては、さっとゆでて、おひたし、ごま和え、マヨネーズ和えが適する。てんぷらにしてもよい。


・栄養


ビタミンA,カリウムが比較的多い。

※『旬の食材』記事は、農経新聞社発行「野菜と果物の品目ガイド」から抜粋したものです。

 

 


センターぶらり探訪〜鶏卵 編

   〜第3通路東側 ジェイワークス

昨年暮れにオープンした鶏卵専門店“ジェイワークス”に伺いました。


Q:出店のきっかけは?


A:長年のサラリーマン生活を経て、いつか独立を果たしたいと希望していたところ、鶏卵業界での経験を活かし、慣れ親しんだこのセンターで開業するのが最善と考え決断しました。

Q:どんなお店ですか?


A:月並みですが、安心安全で新鮮な商品を少しでも安く提供することが使命と考えております。

Q:お勧めの商品は?


A:“結いの玉子”は榛名山麓の良質な水と恵まれた自然環境の中で飼育された鶏卵でNo.1人気商品です。“若い鶏の玉子”はSサイズですが栄養価はM,Lにも負けません。“フルーツ卵”は自然配合飼料を使用しているため黄身が濃くビタミンも豊富なこだわりの商品といえます。

Q:今後の抱負は?


A:まだ、開業したばかりですが、一人でも多くのお客様にご来店いただき、プロ向けの配達業務を充実させた上で、商圏を広げ、将来的には2号店を持てたらと考えております。

営業時間:6:30〜13:00
Tel  042-319-0517

 

 


※次回は真っ昼間市チラシ3月14日号に掲載予定です。
東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          
http://www.fuchu-doc.co.jp/