大東京綜合卸売センター新聞
平成27年10月10日号

10月[旧暦:神無月]。先月、関東・東北を襲った水害により被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
さて、来る24日(土)の真つ昼間市〜ハロウィン秋の収穫祭は、お馴染みのスタンプラリーお楽しみ抽選会をはじめ、しじみすくいどりゲーム、キャンディ進呈、バンドライブ、府中アスレチックFC参上と肉肉大試食会などなどお楽しみが一杯!秋の一日を是非、当センターでお過ごしください。

 ・この夕(ゆふへ)、秋風吹きぬ、白露(しらつゆ)に、争う萩(はぎ)の、明日(あす)咲かむ

見む

 大意〜 夕方になって秋風が吹いて来ました。秋の訪れを感じさせる白露(しらつゆ)の誘い

に迷っていた 萩も、 明日にはきっと花を咲かせることでしょう。

                                        [万葉集 作者:不明]


        



◇お手軽な10分間クッキング〜サンマご飯◇

●サンマで風邪に対抗●

「サンマが出ると医者が青くなる」のことわざがある位に、サンマはすぐれ者です。風邪を防ぐには、体力をつけることが一番。また鼻やのどの粘膜を強くすることです。それには、サンマに含まれているビタミンAが役立ちます。

@米は炊く1時間位前に洗ってざるにあげ、水気を切っておく。

Aサンマの頭とわたをとり水洗いし、2つに切り、調味料aをふりかけておく。

B米に水と調味料bを加え、よく混ぜて火にかけ、煮立ったら、Aのサンマを加えて炊上げ、蒸してから骨をとって、ざっとほぐして、軽く混ぜる。

C盛り付けてから、しょうがのせん切りをのせる。

※サンマを3枚卸しにして、2つに切り、調味料を振りかけておき、さっと焼いておき、ご飯を炊いて、火を止める直前にサンマをのせて、炊いてもよい。

 ●材料 4人分●

米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ3
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ3 1/3
         酒・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
          a. しょう油・・・・・・・・・・・小さじ1
             塩・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2/3
サンマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3尾
           b. 塩・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
             酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ 1
しょうがのせん切り・・・・・・・1かけ分

   一人分の栄養量 エネルギー630kcal
                           たんぱく質 25.0g

 

※「お手軽な10分間クッキング」記事は、社団法人大日本水産会「知って得する魚の話」から抜粋したものです。

 


○旬の食材○ 

  青果編〜紅玉

・品種動向 

アメリカ原産で、1826年(文政8年)、ニューヨークのリンゴ園で発見された品種。当時は発見者の名前をとって「ジョナサン」と呼ばれた。明治4年に日本に導入され、昭和30年代までは、国光とともにりんごの代表品種であった。
果重は180〜200g、果皮は鮮紅色、果肉は黄白色で、肉質は緻密。芳香があり、酸味はやや強いが、甘酸と調和して食味は良い。調理用、加工用に適した品種としても知られている。

・生産・消費動向

  平成10年産の結果樹面積は657ha,収穫量は11,300t。ふじに主役の座を譲り、凋落品種となったが日本では、ジュース、焼きりんごなどに使う加工用に最適な品種が紅玉しかないので、生産量は減少しても希少価値が出てきている。生食用としても根強い支持がある。

・季節

収穫時期は、暖地では8月下旬から始まるが通常は10月上〜中旬。半年間貯蔵され、順次出荷される。

・鮮度の見分け方

紅玉は、紅色が濃いものがよい。未熟品は酸味が強い。地色が抜け切り過熟気味のものは、食味は優れているが、ぼけやすいので、低温管理とともに早期販売に努める。

旬の食材記事は株_経新聞社発行『野菜と果物の品目ガイド』から抜粋したものです。



※次回は真っ昼間市チラシ11月14日号に掲載予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211

http://www.fuchu-doc.co.jp/