大東京綜合卸売センター新聞 平成28年11月12日号

■ 11月[旧暦:霜月]。去る10月22日に開催した“真つ昼間市:ハロウィン秋の収穫祭”は、おかげさまで、たいへんな大入りとなりました。ご来場いただいたお客様には心より御礼申し上げます。


 さて、来る11月26日(土)から12月3日(土)の期間中、当センターでは開場50周年記念特別イベントの総決算として年末年始感謝祭を予定しております。まず、今月26日(土)は、おなじみのスタンプラリー抽選会をはじめ、近隣の市立矢崎小学校の友情出演による記念音楽会(和太鼓クラブ)と、親子で楽しめる射的大会などお楽しみがいっぱいです。是非、お越しください。


 また、9月末に締め切りました“川柳deゴー”最優秀賞につきましては、大接戦の末、同票数により下記の二作品が受賞となりました。おめでとうございます。

     ・この雪の、消(け)残る時に、いざ行かな、山橘(やまたちばな)の、実の照るも見む

      大意〜この雪が消えないうちに、山橘(やまたちばな)の実が白い雪の中で輝いているのを、見に行きましょう

                                                        [万葉集 作者:大伴家持]

■知って得する魚の話
  高血圧に悩む人は「イワシ料理を」 

  高血圧には二種類あります。一つは、別の病気が引き金になって起こる「二次性高血圧」で、これは大元の病気の治療が先決です。


 一方、明らかな原因もなく血圧が上がるのが「本態性高血圧」です。日本の高血圧患者の九割がこのタイプですが、原因の特定が難しいため、現在のところ薬剤で血圧をコントロールする以外、効果的な治療法はありません。とはいえ、本態性高血圧を招きやすい因子はいくつかわかっています。一般によく知られているのが、塩分の取りすぎです。塩分には血管を縮める作用があるため、過剰に取りすぎると血行が悪くなって血圧の上昇を招くのです。


 実は、魚をたくさん食べていると塩分の排泄が促がされることが報告されています。これは魚に含まれるカリウムとたんぱく質の働きによるものです。


 カリウムには、尿の出をよくする働きがあり、たくさんとると血液中の余分な成分はどんどん排泄されていきます。この時、塩分(ナトリウム)も一緒に出ていくのです。


 また、魚のたんぱく質は、腎臓からのナトリウムの排泄を促す作用があるといわれています。実際に、動物実験では、魚のたんぱく質を与えていると血圧上昇が抑えられ、しかもそれは大豆や豚肉のたんぱく質には見られない強い降圧効果であることが確認されています。さらに、高血圧にともなう脳卒中の予防効果もあるようです。


 そこで高血圧に悩む人には、イワシが最適です。イワシはカリウムとたんぱく質をともに豊富に含み、たんぱく質の「質」(アミノ酸スコア)も百点満点です。


 さらに、高血圧は動脈硬化を促す一方で、動脈硬化が血圧上昇を促す原因にもなりますが、イワシに豊富なEPA・DHA、タウリンはその両方を防ぐ効果があります。ですから、血圧上昇にともなう合併症(脳卒中や心臓病など)予防にも、イワシは有効です。

 ※本記事は社団法人大日本水産会「知って得する魚の話」から抜粋したものです。

 

■開場五十周年特別企画
  川柳deゴー!最優秀賞発表

◇投票期間:平成28年7月1日〜9月30日
◇投票数:有効票115 無効票12  合計127
◇最優秀作品:同票数のため下記二作品が受賞

 “イキのいい 品と人とで 五十年”
         作者:浜田 たか子 様(稲城市)

 “センターは 我が家の家計 応援隊”
         作者:山下 良子 様(国分寺市)

※両名には金券1万円と副賞進呈。

◇最優秀作品投票者の名から抽選で下記6名様に金券 3千円進呈。

  北島 様(府中市) 鈴木 様(府中市) 吉田 様(府中市)
増岡 様(調布市) 中野 様(多摩市) 松田 様(府中市)

 さすがに、予選を勝ち抜いた力作揃いのため、上位5作品は大接戦となりました。またの機会があれば、是非、再度挑戦してください。センター開場50周年を盛り上げていただき、心より御礼申し上げます。 

 

※次回は真っ昼間市チラシ12月10日号に掲載予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211

http://www.fuchu-doc.co.jp/