大東京綜合卸売センター新聞 平成28年12月10日号

■  12月[旧暦:師走]。去る11月26日(土)開催した“開場50周年記念の真つ昼間市”は盛況の内幕を閉じましたことをご報告します。ご来場いただいたお客様には、心より御礼申し上げます。


さて、当センターは、開場50周年のクライマックスと同時に、市場が最も華やぐ季節を迎えました。正月用品のお買い物は、多摩地区随一の品揃えを誇る当市場へ是非、お越しください。

 

 ・十二月(しはす)には  沫雪降ると知らぬかも  梅の花咲く 含(ふふ)めらずして 

 大意〜十二月には粉雪が降ることを知らないのでしょうか。つぼみのままでは我慢が出来ず、梅の花が咲いてしま い      ました。


                                                   [万葉集 作者:紀少鹿女郎]

■知って得する魚の話
  DHP・EPA〜 現代病対策の決め手 

  魚は、こどもだけでなく、おとなの健康維持・増進、ひいては現代病予防にもおおいに役立つ食品です。それは、魚に含まれる栄養成分の相乗的な働きをおのおの探ってみることにしましょう。

  魚の栄養成分で、まず最初に紹介したいのがDHAとEPA(エイコサペンタエン酸)です。DHAについては、一般に頭をよくする成分として知られています。しかし、DHAの効用は脳にとどまらず、実は、からだのほうにもEPAとともによい効果をもたらすことがわかっています。


  DHAとEPAは、魚の油に豊富な脂肪酸の一種です。どちらも元をたどれば同じ脂肪酸から生じる兄弟のような成分ですが、分子構造に微妙な違いがあり、それが両者に一つの違いを生んでいます。脳への作用です。DHAが脳の中で活躍する一方で、EPAは脳の中に入ることさえできません。


  しかし、脳への作用を除けば、DHAとEPAの作用は非常によく似ていて、必要とあらば体内でDHAがEPAに、またはEPAがDHAに変化することもあります。


これまで確認されているDHAとEPAの作用は次のとおりです


@血液中のコレステロール・中性脂肪を減らす=動脈硬化の予防


A血液をさらさらにする=血栓の予防


B炎症を抑える=アレルギー等の症状の緩和


Cガン細胞の増殖を抑える


 @とAの働きで血液と血管が健康な状態に保たれれば、病気をよせつけないからだ作りが果たせます。そこにBとCの働きが加われば、現代病対策は万全です。実際に、DHAとEPAは、高血圧、心臓病、脳梗塞、アレルギー疾患、脂肪肝など多くの現代病に対して有効に働くことが明らかになっています。両者をともに豊富に含む魚は、現代人の強い味方といえます。


 

◇DHAとEPAを多く含む魚介類
[可食部(生)100gあたり 単位=mg]
           EPA    DHA      計
ヤツメウナギ   2030    2610    4640
本マグロ脂身   1290   2880     4170
ハマチ養殖    1540    1730    3270
サバ         1210    1780     2990
キチジ         1470    1470     2940
マダイ養殖     1090   1830     2920
ブリ天然       899    1780   2679
マイワシ       1380    1140    2520
サンマ         844    1400    2244
ウナギ        742     1330    2072
ニシン        989     862    1851
サワラ        480     1190    1670
ミナミマグロ脂身  512   1100    1612
カラフトシシャモ  720   592       1312
白ザケ       492     820     1312
ハタハタ      523      709     1232
ニジマス      247      983    1230
カタクチイワシ   465    702     1167
アジ          408     748      1156
アナゴ        472      661      1133
コノシロ       694      396      1096
ホッケ        468      608      1076
イカナゴ       454     615       1069
イボダイ       268     735     1003
イサキ        308     663       971
ホンマス      428      507       935
ウルメイワシ   275      633       908
ミナミマグロ赤身 197     653       850
タチウオ      290     517       807
アンコウ肝    2320    3650      5970
スジコ       1900    2170     4070
ウナギ蒲焼    864     1490     2354
           
※本記事は社団法人大日本水産会「知って得する魚の話」から抜粋したものです。
 

 

※次回は真っ昼間市チラシ1月14日号に掲載予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211

http://www.fuchu-doc.co.jp/