大東京綜合卸売センター新聞

 平成30年2月10日号

 

■ 2月[旧暦:如月]。相変わらず寒い日が続いています。近隣の府中の森博物館では毎年恒例の「梅まつり」が2月3日(土)から3月11日(日)まで開催中です。

 最近では梅の名所偕楽園のある水戸方面からも多くのお客様が来られるとの情報(?)もあるぐらいの人気のイベントとなっております。

 これと並行して2月1日から5月31日まで『府中ぐるっとスタンプラリー』という府中市内の人気スポットを

スタンプで巡る楽しいイベントもあります。JR府中本町駅から当センターを経由して府中の森博物館で『梅まつり』を鑑賞するとの快適なウォーキングコースがお勧め!市場の雰囲気を味わいながらお食事もできます。是非、お立ち寄りください。

 では極寒の平昌で戦うアスリートに声援を!

・梅の花、今盛りなり、百鳥(ももとり)の、

    声の恋(こほ)しき、春来(きた)るらし 

 [作者:小令史田氏肥人(しょうりょうし

 でんじのこまひと)]

 大意〜梅の花が今を盛りと咲いています。

 たくさんの鳥の声が聞きたくなる春が、

 いよいよ来たのですね。

                    

                    


 

  

 

 

 

■当店の『こんなんいかが?』

  センター金沢屋 〜第3通路西側 

 

  売れてます!!

 

 ☆炙りマスターCB


 お魚やおにぎり、お寿司等を炙りおいしくいただけます。

 
 初めてでも操作は簡単。手軽に安全に使えます。

 

  
 

    3,000円(税別) 

    ※カセットボンベは別途必要です。

       

      
 

 

       

 

 


 

 

 

 

☆新しいお店紹介コーナー:まぐろ

  
吉村商店&えちぜん〜第5通路中央

 

 昨年11月11日にオープンしたまぐろ専門店「吉村商店」と直営まぐろ丼の店「えちぜん」さんに伺いました。

Q:出店のきっかけは?

A:私どもは、相模原市場で50年以上営業を続けて来たまぐろ専門店です。

 こちらには数年前から出店のお誘いをいただいておりましたが、昨年夏に正式に閉市が決まり、移転を決断しました。

Q:どんなお店ですか?

A:長いおつきあいのある取引先から仕入れた良質のまぐろを手頃な価格でご奉仕することを使命と考えています。

 また、直営まぐろ丼の店「えちぜん」も相模原の時とと同じく営業しております。

Q:お勧めの商品は?

A「:吉村商店」では各種まぐろを始め、テイクアウト用まぐろ丼をご提供しております。「えちぜん」ではねぎとろ丼380円(税別)をはじめ、鉄火丼、三色丼など手頃な価格で美味しいメニューをご用意しております。

Q:今後の抱負は?

A:二世代に亘り半世紀を過ごした相模原市場から、ご縁があって移転したこの府中市場に一日も早く馴染み、お客様に愛される店として繁盛させていただければと考えています。

●休 業 日

 市場休市日と水曜日


●営業時間

 吉村商店 10時頃〜14時30分

 えちぜん 11時30分〜14時30分

 

   

  『えちぜん』ネギトロ丼 380円(税別)

  他のメニューもあります。


     

 

     

 



《ご存じですか この野菜と果物》

 

アボガド      

●学  名

 Persea Americana Mill


●原産地

 中央アメリカ


●概  要

 メキシコからペルーにかけて数千年前から栽培されており、コロンブスの新大陸発見以後、スペイン、フィリピンなどを経由して広がり、現在熱帯、亜熱帯の各地で販売されている。

 常緑樹で、高さ6〜25mになる。果実の大きさ、形、果皮の色などは品種によって非常に異なる。形は洋ナシ形または球形で、果皮の色は、黄緑色、緑色、赤紫色、褐色、黒紫色まで多様である。果肉は淡黄色、淡黄緑色で、「森のバター」といわれるくらい脂肪分が多い。果肉の未熟な時は硬いが、熟すとやわらかく、バター状になる。甘味や酸味、香りもないので、果物というより野菜に近い感じがする。アボカドはふつうの果実と異なり、樹上では食べられるまで熟さないので、果実が成熟期に入ったところで採取し、追熟させてから食べる。

●食べ方

 色が黒くなり、軽く手で握ったときにやわらかく感じるようになったら食べごろである。中に大きな種があるので、果肉に縦に切れ目を入れ、両側をもって反対方向にひねって半分に分ける。種はナイフをいれて、ねじると取れる。皮をむいて、レモンジュースまたはライムジュースをかけて食べる。

 また、刺身のようにわさび醤油をつけて食べたり、サンドイッチにはさんだり、スープにするなどして食べる。

●出回り期

 年間を通して入る。アメリカ産が多く、メキシコ、ニュージーランドからも入る。

 

※この記事は東京都情報連絡室情報公開部都民

情報課発行発行「ごぞんじですか この野菜と果物」から抜粋したものです。


     

 



東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          
http://www.fuchu-doc.co.jp/