大東京綜合卸売センター新聞

 平成30年5月12日号

 

■ 5月[旧暦:皐月]。先月は米大リーグ二刀流で大暴れの大谷翔平、米男子ゴルフツアー初優勝の小平 智、ボストンマラソン優勝の川内優輝と海外における日本人スポーツ選手の大活躍が日本中を沸かせました。


 さて、今月26日(土)は恒例の特別イベント“サカナdeゴー!”を開催します。金券等すてきな景品がもれなく当たるスタンプラリーお楽しみ抽選会をはじめ、『アサリすくい取り大会』『食材活用術実演クッキング』『ものまねショー』及び『まとめ買い応援!大展示会』などなどお楽しみがいっぱいです。

 連休の釣りで“成果のなかったお父さん、おいしい魚介類をゲットできる絶好のチャンス!

 是非、ご家族連れでお越しください。


 また、近隣の郷土の森では恒例の「郷土の森あじさいまつり」が5月26日から7月8日まで開催されています。5月2日にリニューアルオープンしたプラネタリウムと合わせ、センターでの買い物の後に是非、お立ち寄りください。

・山越えて、遠津(とほつ)の浜の、岩つつじ、

  わが来るまでに、含(ふふ)みてありまて 

     [万葉集 作者:不明]

 

大意〜山のむこうにある遠津の浜の岩つつじよ、

     私が帰るまではつぼみのままで

      待っていてください

 

 

 

                    

 


■当店の『こんなんいかが?』

 藤栄タオル〜第3通路東側

 

 以前より、自店舗横に府中市社会福祉協議会福祉作業所“は〜もにい”の特設販売所があり、ボランティアでこのお手伝いもされている藤栄タオルさんに伺いました。

 『これからの季節に当店でお勧めできる商品はガーゼ手拭です。夏場の汗拭きとして吸収性抜群で清涼感があり、いろいろな柄が楽しめますよ。』

 

 今日は、1枚240円(税込)→5枚で1,000円(税込)でご提供させていただきます。 (5/12限り)

 

     
   いろいろな柄が選べます。

    

      
 

 

       

 

 


 

 

 

 

 


《ご存じですか この野菜と果物》

〜グレープフルーツ

    

        
●学  名 

 Citrus paradise Macf.


●原産地 

 西インド諸島のバルバドス島といわれている


●概  要 

 18世紀頃、ブンタンの枝変わりか、ブンタンを親とする自然交配で生じたといわれている。アメリカに導入されたのは、1823年で、フランスの移住者がフロリダの近くで栽培したのが始まりである。

 現在は、フロリダとカリフォルニアで大規模に栽培されているほか、イスラエル、アルゼンチン、キューバ、キプロス、南アフリカなど世界の温暖な地域で栽培されている。

 グレープフルーツの名前は、まるでブドウのようにいくつかの実が房状になるところから名付けられた。オレンジ、レモンに次ぐ主要な柑橘類で世界中で食べられている。

 果皮はやや厚くむきにくい。果皮の色は淡黄色で、品種により赤みを帯びたものがある。

 果肉はやわらかく多汁で酸味とほどよい苦みがあり、爽快な香りがする。主要品種は、マーシュという、たねがない品種である。

 果肉が白から淡黄色のホワイトと、リコピンを含みピンク色したルビーとよばれるものがある。


●食べ方 

 半分に切ってスプーンですくって食べるなど生食する。また、ジュースにする。


●出回り期

 年間出回る。3〜6月に入荷量がふえる 。ほとんどアメリカ産で、フロリダ、カリフォルニア、アリゾナ、テキサスの順に多い。そのほか、イスラエル、キューバ、南アフリカなどからも入る。フロリダ産は11月〜5月に、カリフォルニア産は4月〜10月に入る。

      

 

 ※この記事は東京都情報連絡室情報公開部

都民情報課発行発行「ごぞんじですか この野菜と果物」から抜粋したものです。


 



東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          
http://www.fuchu-doc.co.jp/