大東京綜合卸売センター新聞

 平成30年9月8日号

 

■9月[旧暦:長月]。とんでもない暑さが延々2ケ月以上にわたって続いた今夏でしたが、9月に入っても暑さがまだまだ続くとの気象予報が発せられております。今後も体調管理には十分お気をつけください。

 さて、2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、バドミントン、卓球、女子ソフトバールなどの長くマイナーだった競技の選手の勢いがまして、ひしひしとメダル獲得への気迫が伝わってくるようになりました。この暑さの中でどうやって屋外競技を無事に行うことができるのかなど、難しい状況には違いありませんが、選手たちの真剣な表情を見ると、そんな心配も吹き飛んでしまいそうですね。


 当センターも、お客様に感動をあたえられるような、商業施設として今後も邁進してまいりますので、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

・野辺(のへ)見れば、

  なでしこの花 咲きにけり、

    我が待つ秋は、近ずくらしも


        [万葉集 作者:不明]

 

大意〜野原に行ってみると、いつのまにか、

なでしこの花が咲いています。 待ちに待った

秋がようやく近づいてきたようです。

 


■当店の“こんなんいかが?”

    ○泉商事〜第2通路東側 

 

 今日は、第2通路東側『泉商事』さんに伺いました。今お勧めの“こんなんいかが?”は何ですか?

 ●業務用パワフル布たわし

     “サンドクリーン”


プロが認める布たわしのパイオニア

        〜価格664円(税別)


中目:長さ1,200×幅100mm

 

特長1. 

  布たわしなので、金属たわしのようにサビたり、手に刺さったりせず安全で衛生的です。


2. 金属たわしのように細かくちぎれて破片が食品や料理に
混じってしまう心配がありません。


3.  洗うものによって形状が自由に変えられますので、すみずみまできれいに汚れを落とせます。


4. 用途によって選べるタイプが勢
ぞろい。皆様に長年お使いいただいているからこそできたラインアップです。 

        

 


《知って得する魚の話》


●ビタミンB群


エネルギー代謝に必要〜その1

 

 ビタミンB群は、体の中で随時起こっている化学反応を円滑にすすめる補酵素(酵素の一部)として働きます。


 B群は全部で八種類ありますが、そのうち魚介類に含まれるのは5種類(B1,B2,B6,ナイアシン、B12)

です。ここでは日常不足しやすい三種を紹介してみましょう。


《ビタミンB1》


 ビタミンB1は、糖質(でんぷん、砂糖など)を体の中でエネルギーに変えるときに必要な補酵素です。

 エネルギーの約半分を糖質から得ている日本人にとって不可欠のビタミンといえます。


 B1が不足すると、糖質を十分に分解できなくなって体内に疲労物質(乳酸)が溜まり、だるい、疲れやすいといった症状が出てきます。「脚気」はその最たるものです。

 また、B1の不足は、落ち着かない、イライラするなどの神経症状を招く場合もあります。


 ビタミンB1の一日の所要量は、成人男性で0.8〜1ミリグラム、成人女性で0.7〜0.9ミリグラム。

 魚の血合いや海藻に豊富です。

 

《ビタミンB1含有量の多い魚介類》


ヤツメウナギ 0.85mg

   
ウナギ     0.75mg

      
フナ       0.55mg

      
コイ       0.40mg 

     
カレイ     0.25mg 

     
ホタルイカ   0.19mg


干しアマノリ  1.15mg


焼きアマノリ  1.10mg


干しヤツメウナギ 1.00mg


味付けアマノリ   1.00mg

  

ミナミマグロ赤身 0.21mg

 

アカガイ     0.20mg 

 

カキ        0.16mg 

 

ウニ       0.30mg

 

ズワイガニ    0.24mg

 

ミナミマグロ脂身 0.21mg

 

カツオ    0.23mg

 

ブリ     0.23mg

 

白ザケ    0.22mg 

 

マナガツオ  0.22mg 

 

※本記事は(社)大日本水産会発行「知って得する魚の話」 から抜粋したものです。

     

 



東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211
          
http://www.fuchu-doc.co.jp/